郊外の賃貸物件は家賃はお得?

都心と郊外の家賃は大きな差がある

賃貸住宅を借りる場合には、都心か郊外どちらで住宅を探すのかを考える必要があります。この場合、便利という部分で言うと都心で賃貸住宅を探した方が住みやすいです。都心だと、公共の交通機関が多くわざわざ車で移動しなくても電車や地下鉄、バスなどを利用して手軽に移動することが可能です。また、駅までの距離が短く徒歩で公共の交通機関を利用することができますよね。また、お店の数も多く買い物という観点から見ても便利に生活することが可能でしょう。

しかし、その分賃貸住宅の家賃が高くなっています。新築はもちろんですが築年数がある程度経過しているマンションでも、家賃が高く設定されていることが多いです。しかし、郊外の場合は家賃が低く設定されており、お金の負担が少ない特徴があります。

郊外で賃貸住宅を探すポイント

郊外は、賃貸住宅の家賃が全体的に低く設定されていますが高いパターンも存在します。それが、新築マンションであり新築物件だと例え郊外でもお金の負担が大きいので、なるべく出費を減らしたいのであれば新築以外の物件を探します。郊外だからすべての賃貸住宅の家賃が低く設定されていると勘違いしないようにしましょう。また、郊外になると場所によっては近くにまったく公共の交通機関がなかったり、スーパーやコンビニなどの便利なお店がほとんとない場合もあります。

その環境下だと、車を所有していなければ住みにくいですし、仮に車を所有している場合でも移動する時の負担が大きいですよね。そこで、なるべく周りの環境を確認して少しでも住みやすい賃貸住宅を選ぶようにしましょう。