綺麗なお風呂やトイレが大事

お風呂が汚れている部屋は敬遠されがち

お風呂は、ただ体の汚れを落として清潔にするだけでなく、心身の疲労を和らげる重要な場所です。特に、お風呂好きの日本人は、入浴設備に着目して入居する賃貸物件を探す傾向が強いです。賃貸物件の入浴設備は、小さい浴槽とシャワーのみのこじんまりとした浴室、広々としている一坪風呂など、多種多様なタイプが存在しています。高級賃貸マンションの場合には、最先端の機能が浴室に備わり、ゴージャスな空間を再現しているケースが多いです。しかし、どんなにハイスペックの設備が導入されていたとしても、清掃が行き届いていなければ、非常に居心地が悪いです。入居する予定で見学した際、「快適に過ごせそう」「ここで新生活を始めたい」と感じる方は僅かでしょう。

お風呂やトイレを綺麗にして入居率アップ

お風呂だけでなく、トイレで過ごす時間も日々の生活を送る中で大切です。トイレは、誰にも邪魔されることなく寛げるプライベート空間です。用を足す間、ゆっくり頭の中を整理している方々は多いでしょう。しかしながら、汚れている状況下では、落ち着いて過ごせません。著しく経年劣化や老朽化が起きている場合も同様です。賃貸住宅の入居率が低いオーナーの方々は、お風呂とトイレの状態をチェックしてみましょう。お世辞にも綺麗と言えない設備を放置し続けていると、定住者と共に、家賃収入が減少しかねません。今一度、入居者の目線から快適な環境づくりを心掛ける必要があります。タイルを張替えるだけでも、見栄えが良くなり、ガラリと印象が変わるはずです。